<釣り餌メーカー直販サイト>
■海上釣堀の釣り餌を中心に、波止釣り・筏釣り・磯釣り・ボート釣り

海上釣堀・青物

■海上釣堀の魚は、特有な習性があります。釣り餌の使用方法も、より多くの工夫で好釣果が得られます

海上釣堀・五目

■海上釣堀の“釣り餌”の進化を常に追い求めて行きます
■海上釣堀では、「釣り餌」の工夫と「ローテーション」が鍵!全ては「釣り餌次第」と言っても過言ではありません
■海上釣堀の釣り餌の研究は、他の筏釣り・波止釣り・磯釣りにも絶大な結果をもたらします

海上釣堀・限定

■海上釣堀の魚程、スレた魚はいません!当社の釣り餌は、スレた魚にも威力を発揮します

HPアクセス

www.fukuyoshi2008.jp

MOBILEアクセス

www.fukuyoshi2008.jp/m/

FAXアクセス

0566-81-2468

PHONEアクセス

0566-81-2468

トゥイッチング(twitching)

昔から海上釣堀のベテラン青物師は、青物をより安定して数釣る為に、トゥイッチング釣法(ルアー用語)を活用していました。一般の釣りでも青物や他のフィッシュイーターなどに効果的とし、特にルアー界ではテッパン釣法で、海上釣堀でも絶大な効果を誇ります。ただ、このトゥイッチングを行うには「コツ」が必要で、多少の練習が必須です。思うようなエサの演出が出来なかったり、ライントラブルを起こしたり、または他の釣り人に迷惑をかけたり。先ずは、最寄りの海や湖など広い所での練習をオススメします。そこで実際の海上釣堀でのトゥイッチングを簡単にまとめてみましたのでご参考にして下さい。

先ず、生簀中央にキャスティングし、ドン底付近まで落し込み、キュンキュンと『誘いを入れながら』少しずつ手前まで巻き上げます。(トゥイッチング)つまり「誘い」の動きと「巻き上げ」の動きを同時に行います。これを繰り返すことでアタリを引き出します。さらに巻き上げのスピードに変化を与えることで、より効果が増します。ウキ使用(ウキ誘い)も同様、中央ドン底付近でウキ止糸をセットし、ウキが立ってから誘いを入れながら少しずつ手間まで巻き上げます。アタリはウキではなく、穂先の動きでとります。誘い中もしくは誘いを途中で止めた時によくアタリます。その時、即アワセせずにしっかり喰わせて(送り込んで)からアワセましょう。この青物狙いでのトゥイッチングは活き小魚の使用でも有効です。その場合、トゥイッチングでコントロール出来る程度のオモリを使用して下さい。あまり重た過ぎると誘いによるエサの動きが妨げられます。

※注)
生簀内へのキャスティングはくれぐれも他の釣り人の迷惑にならない様、細心の注意を払って行って下さい。

twiching:img-01
twiching:img-03

information